お出汁について,  健康,  新着,  食品

本物の出汁

 

本物の素材から取ったお出汁とは、鰹節・煮干し・昆布・干ししいたけなど

食材を煮出すなどして取ったお出汁を指します。

出汁には“うま味”が豊富に含まれ、和食・日本の食卓には欠かせない存在です。


私たち日本人は、この“うま味”を感じる能力が他の人種に比べて

優れていると言われています。

うま味は基本の五味(塩味・甘味・酸味・苦味・うま味)のひとつで、
1908年にだし昆布からうま味成分であるグルタミン酸ナトリウムという成分が

日本の教授により発見され、その後鰹節のイノシン酸、

しいたけのグアニル酸と次々にうま味の正体が明らかになりました。


お出汁にはうま味があり、また他の食材の味を引き立てる役目もあるため、
余計な塩分や糖分を減らすことが出来ます。
また、美肌や疲労回復に良いとされるアミノ酸も豊富に含まれます。

ただし、それは本物の素材から取ったお出汁であることが条件です。

鰹節・煮干し・昆布・干ししいたけなど食材そのものを煮出すなどして

取ったお出汁が本来の姿です。

アミノ酸といっても顆粒だしの裏面や固形スープ、スナック菓子などに

含まれる調味料(アミノ酸)とは別物です。

アミノ酸だから、体に良いと思ったら大間違いです。

お出汁は天然素材だからこそ意味があります。
その証拠に化学調味料としてのアミノ酸は味の物足りなさを補うため、

食塩・砂糖など他さまざまなものが加えられます。
それが塩分・糖分の摂り過ぎにも繋がります。

安く、大量に、便利、一定の品質でを実現するための企業努力とも

言えますが消費者としては安いからと言って、

こうしたものをわざわざお金を払って体に入れることに対して、

思慮深くなるべきです。

最初から、素材一本勝負のお出汁を使う方がずっと良いのです。

お食事とは食材の生命を頂くこと・それをエネルギーに換えることです。


それに対して化学調味料は食材の原形とは

あまりにもかけ離れた不自然な粉でしかなく、
お食事の在り方として好ましいとは思えません。

忙しい現代人。
いちからお出汁を取るのが難しい日もあるでしょう。
そんな忙しい人にこそおすすめしたいのが、“水だし”です。

とっても簡単で素材(昆布・煮干しなど)と、

保存容器(夏に麦茶を作るお茶ポットなど)さえあればOK!
容器に素材を入れお水を注ぎ、冷蔵庫に一晩おくだけで

簡単に美味しいお出汁が取れます。
お気に入りの配合を見つけるのも、また楽しいのではないでしょうか。

 

材料

*煮干し  20g

*民俗水 1ℓ

 

作り方

➀保存容器に煮干しを入れる。
➁分量の水を加え、冷蔵庫に一晩おくだけで完成。

材料

*昆布  20g

*民俗水  1ℓ

 

作り方

➀保存容器に昆布を入れる。
➁分量の水を加え、冷蔵庫に一晩おくだけで完成。 

材料

*王さまだし 1パック

*民俗水  1ℓ

 

作り方

➀保存容器に王さまだしを入れる。
➁分量の水を加え、冷蔵庫に一晩おくだけで完成。 

※お湯で煮だして作っても美味しいです♪

———————————————————————————————————-

保存方法・保存期間:冷蔵庫で3~5日間保存が可能です。
氷用のキューブ型に冷凍すれば、1か月程度保存が可能です。

これは水だしに限らず便利な方法です。

 <ポイント>

・煮干しの水出しは、嫌われがちな臭みが抽出されないので最適!
・昆布の水出しはえぐみが抽出されない!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください