健康,  美容について

マスクで肌荒れしてませんか?

 

寒さが厳しくなってきて乾燥が気になる季節になってきました。

加えてコロナ対策で手洗いやアルコール消毒で手がボロボロの方や、

マスクで肌荒れがひどくなっている方も多いのではないでしょうか。

しかしコロナの流行により、今や外出時には手放せないマスク。

職場や学校、買い物やちょっとコンビニまでなど・・・。

どこへ行くのにもマスクをしなくてはいけないですよね。

そこで今回は今や必需品となったマスクによる肌荒れの原因について探り、
肌荒れを防ぎながらマスク生活を快適に送るために必要なことについて
ご紹介していきたいと思います。

冬は暑い夏と違って汗をかかないし、空気も乾燥しています。
室内は暖房によってさらに乾燥がひどい状態です。

そこで皮膚が乾いてしまうと皮膚から水分が蒸発しすぎるのを防いだり、

細菌や外部刺激の侵入を防ぐ皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

つまり、寒いと皮膚表面の血管が収縮するので血液循環が悪化して、

皮膚の健康を維持するのに必要な物質に栄養が行き届かなくなってしまうのです。


また、乾燥して肌に潤いが足りなくなると肌の弾力やハリを作っている

コラーゲンやエラスチンなどの破壊にも繋がりターンオーバーも正常に

行われなくなるのでシワやタルミ、くすみ、シミを悪化させてしまいます。

それだけではなく肌の乾燥によって表面にひび割れのようなすき間ができると、

中の水分が蒸発してよりいっそう乾燥がひどくなる悪循環に陥ります。

冬の肌ダメージが引き金となって、一気に老化が進んでしまうのです。

そこで更に追い打ちをかけているのが「マスク」です。

マスク着用による肌荒れは頬や口周りに多く発症し、
乾燥ニキビ湿疹などとなって現れます。

考えられる原因は、主に以下の2つ。

 

マスクの生地が肌と擦れることで角質がはがれ、

皮膚が固くなるので肌荒れに!
また、マスクと肌が触れ合う部分に汗や崩れたファンデーションなどが

溜まると、油脂となって肌荒れを引き起こします。

マスク内は湿度が高く、雑菌が発生・繁殖しやすいため、
それらが原因となって吹き出物等が生じやすくなります。

またマスク内で発生した湿気は、マスクを外した際に、
水蒸気となって一気に蒸発していくことで、
乾燥による肌トラブルも招くこととなります。

 

一般的に考えられる原因以外に、現代人特有の原因考えられます。

まず肌の細胞がダメージを受けるような酸化ストレスが

ひどい生活(界面活性剤だらけの洗剤をお風呂で使用しているなど)

している人が多くいることはもちろん、寒いから水を飲む機会が減っていたり
ビタミンなどが摂れていないなど様々なことが考えられます。


冬場は喉が渇きにくく、あまり意識して水分を補給している方が

少ないのではないでしょうか。


日中に飲む物がコーヒーや紅茶だけであったり、

年末年始に家族で夜にアルコールを摂取したりと
「自分は水分を摂っている」と脳が勘違いしやすい季節なのです。

 

カフェインやアルコールのように利尿作用のある飲み物は、

水分が体内で利用されず元からあった水分まで排出してしまいます。


人間は寝ている間にもコップ1杯分の汗をかくと言われていますし、

冬場であっても出勤で歩くことがあったり、満員電車に乗ったり、

暖房のきいた室内で過ごしたりして汗をかくことは珍しくありません。

肌は表皮と真皮があり、真皮の方は外側からケアすることはできません。

皮膚組織の大部分がこの真皮で占められていて、平均約2ミリの厚さがあり

このうちの大部分を占めるのがコラーゲンです。


コラーゲンなどの生成にとってビタミンがとても大切で実は私たちの身体を

作っているたんぱく質のうちの約3割がコラーゲンであり、
ビタミンCが欠乏すれば体内でコラーゲンが作られなくなってしまいます。

すると血管や皮膚にハリがなくなり、組織間をつなぐことができなくなるので

全身のいたるところから出血しやすくなってしまいます。
こうならないためには新鮮な野菜や果物を食べることがとても大切です。

 

また、身体を動かす事が重要となってきます。

身体はまずエネルギーを使うから吸収率が上がり、
身体の隅々までエネルギーを行き渡らせようとします。

だから、病気でもないのに家でじっとしていて

栄養をとるだけでは肌は健康になりません。

水分を巡らせたかったらまずは汗をかき、それから水分を補給する事です。

そうやって水分を巡らせるからこそ肌にも水分が行き渡ります。

まずは外に出て身体を動かすことは必須です。

(外に出るのが難しい方はおうちで出来る運動でも大丈夫です。)

ウォーキングやジョギングが気持ちよく感じるのは、

エネルギーを消費することで身体に新たに栄養を入れる余地が出来るからです。

簡単な運動でもいいので少しずつ新年と共に始めてみるのも

いいのではないでしょうか。

 

外側はもちろん内側もケアが大切だということが分かりましたが、

コロナの今特有の肌荒れはどう予防していくといいでしょうか。

いくつかご紹介します。

 

使い捨てマスクの多くが不織布製です。
不織布は繊維が織り込まれていないため、肌への刺激が多くなります。

また不織布のマスクは換気性が低く、マスク内にこもった蒸気を

逃しにくいため蒸れによる肌トラブルを引き起こしやすくなります。

コットンやシルクで作られているマスクは不織布に比べて換気性に優れ、
蒸れにくくなっており肌当たりも優しいため肌への負担が軽減されます。

さらに、オーガニック素材で作られているものであれば、
化学的な染料が原因の肌荒れも起こらないのでより安心です。

また、オーガニックコットンのマスクは不織布のマスクよりも
圧倒的に呼気が通りやすいためマスクが息苦しくて好きじゃないという方にも

オススメです!

オーガニックコットンやシルクのマスクが手に入らない、
仕事で不織布マスクを使わなければならないという方には、
マスクと肌の間に一枚コットンガーゼを挟み入れることをオススメします。

ガーゼを入れることで、不織布の刺激から格段に肌を守ることができます。

人の少ない場所ではマスクを外し、一度大きく深呼吸をしてみましょう。
マスクを外すことで、新鮮な空気を取り入れることができ、
ストレスの緩和にもなるでしょう。

ずっとしていることでストレスにもなるためストレスがお肌に

出やすい方は是非やってみてください。

マスクをするとどうしてもメイクや日焼け止めが落ちてしまいます。

こまめに日焼け止めを塗り直すことで、うっかり日焼けを防ぎましょう。

日焼けをすることで肌が乾燥するので冬でも忘れずにつけてください。

内側のケアと同時に確実にして頂きたいのは外側のケア。

マスクで隠れるからいいやとお肌のケアを怠っていませんか?
朝でもしっかりとお肌に水分を入れこみ、

乳液やクリームで蓋をしてあげることで、
少しでも乾燥からお肌を守ってあげましょう。

マスクをしていた肌はバリア機能が低下していますので、
夜のクレンジングや洗顔時には、肌をこすらないように。

いつも以上に優しく丁寧に洗ってあげるようにしましょう。

 

マスク生活をしなくても大丈夫になるのはまだまだ先になりそうです。

それまで少しでも快適に生活できるよう、肌がボロボロにならないよう

出来る事から少しずつ始めてみませんか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください