健康,  新着,  水のお話

水でカラダが変わる

 

皆さんは普段、どのようなものを飲まれているでしょうか。


ご存知の方は多いかもしれませんが、

私たちの体の約60%はお水でできています。

その中でも血液は約80%以上が水分です。
全身を流れ、体の隅々にある細胞まで酸素や栄養素を運びます。

そんな体の大半を占めるお水の質をよくするということは、
体を変えるために一番手っ取り早い方法ともいえます。

でも私たちが安心・安全と考えよく口にする水に実は有害物質が含まれている

可能性があることを皆様はご存知でしょうか。

スーパーやコンビニでミネラルウォーターを買われる方は多いかもしれません。
しかしその大半には硝酸性窒素という有害物質が含まれていると

言われていることを皆さんはご存知でしょうか。

硝酸性窒素とは硝酸塩として含まれている窒素のことで、
水の中では硝酸イオンという状態で存在しています。

肥料、家畜のふん尿や生活排水に含まれるアンモニウムが酸化したもので、
農作物等によって吸収されなかった窒素分は土壌から溶け出し、
海水や川の水にふくまれる栄養分が自然の状態より増えすぎてしまう

原因となります。

その栄養分を利用する植物性プランクトンが増殖し、
赤潮やアオコと呼ばれる現象を引き起こします。

また、植物性プランクトンの光合成が停止する夜間には、
生物の呼吸により酸素の消費が増えるため水中は酸欠状態に。

さらに、異常増殖したプランクトンが死滅するとそれらが沈降した

水底では有機物の酸化的分解が進行し、 水中に溶けている酸素の量が

急激に低下して酸素の水が形成されることになります。

この状態がさらに悪化すると、有機物の分解が停滞してヘドロと呼ばれるものが
水底に堆積し、増殖に酸素を必要としない微生物が増えて悪臭を放ちます。

また、魚介類の酸欠被害をもたらすこともあります。

体内に入った硝酸性窒素は7 割しか排泄されず、
残りの3割は体内に蓄積されてしまいます。

体内に蓄積された硝酸性窒素は大きく分けて、次の2つがあります。

 

①体内を酸欠状態にしてしまう「メトヘモグロビン血症」

メトヘモグロビン血症とは摂取した硝酸性窒素の一部が消化器内の

微生物により還元されて体内に亜硝酸態窒素として吸収され、

血液を通じて酸素を全身へと運ぶ役割を持ったヘモグロビンという

赤い色素を酸素運搬の機能を持たないメトヘモグロビンに変えてしまいます。

その結果、体内が酸欠状態になってしまうのです。

 

②発がんリスク

体内に入ってきた硝酸性窒素は胃の中でN-ニトロソアミンという物質に

変わってしまいますが、この物質には発がん性が指摘されています。

私たちに欠かせないお水。

有害物質のないお水を飲むことが出来ればまだまだ私たちの知らない

パワーを秘めています!

 


皆さんはお水に個体、気体、液体以外の形が発見されているという事実は

知っていますか?

この3つの形を合わせて3態(相)と呼びますが、

実は4番目の形態が確認されているのです。

 

水にはエネルギーを蓄える能力があり第4の形態となった水は、
赤外線を含む「光の波長」を効率よく吸収することが判明しており、
蓄えられたエネルギーを使用して電気などの物理的なエネルギーを

生み出すことも可能なのです。

私たちの細胞には水が多量に含まれていますが、

意外に水の存在を軽視している方も多いのではないでしょうか。

有害な成分が含まれているかいないか、
もちろんこのような物理的な側面も重要です。


しかし、水がエネルギーを保持することを考慮すれば、
含有成分以外に含まれている「エネルギー情報」も重要なのかもしれません。


同じ水道水から出てくる水でも、通した浄水器の種類によって

水の味も違いますし、植物の生育状況にも差異が出てきます。

水道水では普通に育っていた植物が、
水を変えたら急成長をしたという例もあります。

変えた水には“高エネルギー”があると言われていました。

このような事がもし私たちの体内でも起きるのだとすれば、
水には本来「生命を活性化させる力、細胞を活性化する力」が

あるのかもしれません。

有害物質が含まれた水、身体の細胞を活性化させる水など・・・・。

沢山ある種類からどれを選んだらいいのか分からない。

そんな方も多いですよね。

通常水道水には塩素や有害重金属、

あるいは残留農薬などが含まれているため、
そのままの状態で飲んでしまうと一定の毒性があります。

 


そのため、最低限水道水を使用しようと思えば”浄水”することは

必須と言えます。

また、浄水するための浄水器に関しては大半のものが”銀”などを

殺菌の為に使用しているため浄水器選びも大切です。

クリアな水を作ることのできる浄水器は限られているのですが、
中には本当に良い水を作る事のできるものもあります。

私たちの体の半分以上は水でできており、
どのような水を飲むかで自分の体のコンディションや、
妊娠中であればそれが胎児に大きく影響する可能性があります。

原因不明の体調不良を抱えている方は毎日のお水から見直してみると、

もしかしたら何か解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください