健康,  野菜の話,  食品

旬のものが身体に良い理由

旬の食べ物がなぜ身体に良いのか本当の理由を皆さんはご存知ですか?
例えば野菜。

今日口にした野菜は旬のものでしたか?

 

旬の食材は季節を感じられるだけでなく栄養もとても高いのです。
春には春の夏には夏の旬の野菜があり、秋や冬も同じように

その時期に最も栄養価が高くなる旬の野菜があるのです。

トマトもホウレンソウも1年中手に入れることができる野菜の代表ですが、

旬の時期に収穫されたものとそうではない時期のものでは、

栄養価に大きな差があることが分かりました。

トマトといえばビタミンAの一種であるカロテンが

豊富なことで知られていますが、

カロテンの含有量は旬である7月は100gあたり524㎍であるのに対し、

11月は100gあたり241㎍と半分以下です。

ホウレンソウのビタミンCで比較すると、

旬である12月の含有量は100gあたり84mgであるのに対し、

9月は100gあたり17mgと旬の時期の実に5分の1ほどしか

含まれていないことが分かりました。

最近はハウス栽培などにより、野菜や魚など旬の時期でなくても

通年で手に入るものが増えています。
1年中いつでも様々な野菜を手に入れて楽しむことができますが、

それは土地や環境に無理を強いて実現している豊かさであり、

その豊かさと引き換えに本来得られるはずの食物の力を

得られなくなっているのは他でもない私たち人間のせいです。

どの野菜がどの季節の野菜なのか、どの魚がどの季節の魚なのかということを

知らないという人も最近増えています。

見た目は同じでも、旬の食べ物と通年の食べ物とでは中身が全然違っています。

例えば同じトマトでも夏に食べるトマトと、冬に食べるトマトでは、

味からして別もの。
実際に栄養価も異なります。

トマトは夏が旬。
やはり夏に採れるのが本来の形であり、トマトの本領を余すことなく

発揮してくれます。

同じ野菜がいつでもスーパーに並んでいることにちょっと疑問を向けてみて、

野菜の旬を意識してみませんか?

日本には四季があります。

世界でも珍しい程の恵まれた自然環境にある中でその時期により

採れるものを食べる事で体調を整え過酷な暑い時期、寒い環境にも

耐えられるように先人達が色々な知恵を残してくれました。

春には「にがみを盛れ」と言われ、山菜や野草を摂るように言われてきました。芽が出る季節には苦味のあるものを食べ、

冬の間に体内にたまった老廃物を出す為に必要な食材になるのです。


水分や酸味が必要な季節できゅうり、なす、トマト、スイカなど

ウリ科やナス科の夏野菜は、からだを冷やし暑さを和らげ

体調を整えてくれる効果があります。

秋は夏の食習慣から冬の支度に向けて体を整える季節です。

昔からこの時期になると、

「お産に響くからナス科やウリ科の野菜を食べ続けてはいけない」と言われ、

また寒い冬に備えるために良質な油(オメガ3)を持つ

旬の魚(サバやさんまなど)を摂ると良いと言われています。


寒い冬を乗り越えるには、

体を温める効果の高い根菜類を摂ると良いと言われています。

(ごぼう、にんじん、大根、れんこんなど)などが美味しくなります。

その時期に育つ物には必ず価値や意味が存在します。

それぞれの時期に合わせた特徴という物があるので、

選ぶ際にはその栄養価の高い時期や、

野菜がもたらす影響なども考える必要があります。

例えば、冬にスイカはあまり売ってません。

スイカは夏の暑い時期に育つ物であり、暑さを緩和する目的があるのです。

寒い時期に食べる事は身体を冷やす事になるのであまり身体に良いとは

言えません。

 

実は最近の調査で栄養価が低い物を常に食べてる人は量を沢山食べていても、

栄養失調になってる人が増加してるという結果が出ています。

 

その結果、免疫力の低下や栄養失調により風邪ひきやすくなったり、

疲れやすく最悪の場合重い病気にかかってしまう可能性が

高くなってしまいます。

農家の方はその野菜がどの季節・気候に育つのがもっともよいのかを

考えています。

良い時期に育てると野菜はストレスなく大きくなります。

ストレスなく育った野菜は、えぐみが少なく旨みの濃い野菜になります。

旬の時期であると美味しい野菜が育つのです!

例えば春のほうれん草は、瑞々しく柔らかいです。

秋のほうれん草は、葉っぱや茎がしっかりして灰汁も少ないです。

しかし一年で最も美味しいのが、真冬に育てたほうれん草です。

真冬の寒さを乗り切ったほうれん草は、

まるで砂糖をまぶしたのかと思うぐらいに甘いです。

 

多くの野菜は気温が0度以下になると枯れてしまうのですが、

なぜほうれん草は枯れないのでしょうか。

それは、「水は糖分が含まれると0度以下でも凍らない性質」を利用して、

ほうれん草自身が凍るのを防いでいるからです。

そのため、真冬に採れるほうれん草は素晴らしく甘くなるのです。

本来、多くの野菜は一年のうちで育つ時期が大体決まっています。

ただ消費者の希望に沿うように、農家の技術や品種改良によって

「食べることができる時期」を伸ばすことに成功しました。

 

それにより本来の野菜の旬以外にも、食べることができるようになりました。

しかし旬の時期の野菜の味を知ると、

その他の季節は残念ながら味は劣ってしまうのです。

現在の野菜は数十年前と比較すると含まれる栄養価が

減少してしまっていると言われています。
栄養価の減少の大きな原因の一つは、先ほどからお伝えしているように

旬ではない時期に無理に栽培していることです。

植物は自らが必要とする栄養を作り出すために最も適した時期に芽を出し、

日光や水、土から栄養を作り出して大きくなります。

そして次の世代が育つために最適な時期に子孫を残すという

サイクルをそれぞれ長い時間をかけて築いてきました。

しかし現在、年中スーパーの品ぞろえを充実させるために本来の発育期とは

異なる時期に野菜を植えて、温度を調整したり肥料を使用して

早く大きく育てようとします。

 

本来その野菜が育つのに最も適した時期とはずれてしまっているため、

含まれるべき栄養分は十分に生成されず、

見かけだけが立派に膨れ上がった野菜になってしまいます。

このように温度管理や肥料を使用して栽培を行えば、

従来の農法よりも育成のスピードは速くなります。
収穫までの時間を短縮できるとなれば、年に何回も栽培を

繰り返すことができるため、土地はどんどん痩せてしまします。

また例えば夏野菜であるトマトを冬に作ろうとすれば、

保温できるハウスと暖房設備が必要となるため、

環境への負荷も大きくなります。

1年中あらゆる食品が手に入るということは、

一見すると便利で豊かだと感じられますが、

本来の仕組みからは外れている行為であるため、

結果的に土地も人間も痩せていくことになってしまうのです。

旬の野菜は安く手に入ります!

夏のピーマンと冬のピーマン、夏のきゅうりと冬のきゅうりなどを

イメージして頂くとわかりやすいと思いますが、

旬の野菜なら適した時期に大量に収穫できるので手に入れやすいうえ、

価格も安くなります。


栄養も高いのに安いなんてとても得した気分になりますよね!

是非この機会に旬を意識して身体が喜ぶ食事を心がけていきませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください