健康

酸蝕歯について

虫歯や歯周病に続いて、歯を失う原因の1つに酸蝕歯があります。

酸性が強いものを食べたり飲んだりすると、虫歯ではないのに、

飲食物の酸などによって歯が溶ける酸蝕歯は、歯の着色や損耗によって、
見た目が悪くなったり、かみ合わせが悪くなったりするほか、

放置していると歯の表面のエナメル質が溶けた部分から

虫歯になりやすくなるという影響もあります。

近年酸蝕歯は歯周病、虫歯に次ぐ「第三の歯科疾患」として

問題になっています。

2015年に東京在住の15歳から80歳までの1108人を対象に行われた

調査によると、酸蝕歯がある人の割合は26.1%、

約4人に1人が酸蝕歯になっているという結果が示されました。

非常にゆっくりと進行するため、

これまでは大人になってからなるものだと思われてきました。

しかし、子どもの食生活環境が変わったことなどから、

大人だけでなく子どものうちから酸蝕症になってしまう例が増え始めています。

 

酸蝕は主に、普段から口にする食べ物や飲み物に含まれる

酸によって起こります。

酸を含む食品は非常に多く、健康に良いとされる果物やフルーツジュース、

サラダドレッシングなども含まれます。

例えば1日に果物を2回以上食べた場合、酸蝕症のリスクが増加します。

酸が歯に接触すると、硬いエナメル質の表面は一時的に軟らかくなり、

歯やハブラシや舌で触れただけでもエナメル質がダメージを

受けやすくなります。

またブラッシングの時に力を入れすぎると、食べ物や飲み物に含まれる

酸によるエナメル質への影響を更に増やしてしまいます。

酸性の食品を口にした後は、エナメル質が最もダメージを受けやすい状態に

なるため、特に注意が必要です。

酸性の薬剤の服用、胃酸の逆流も酸蝕の原因となります。

酸蝕から歯を守る第一歩として、まず酸蝕歯とは何か、酸蝕歯の原因、

ムシ歯との違い、予防方法を理解しましょう。

ではまずどのような症状が出るのかをお伝えします。

1.黄ばむ
エナメル質が著しくすり減ると、その下にある黄色味を帯びた象牙質が

見えやすくなります。

2.光沢を失う、変色する
エナメル質がすり減った歯は光沢を失い、くすんで見えます。

3.半透明~透明になる
エナメル質損耗がさらに進行すると、目で確認できるほどエナメル質が

薄くなります。エナメル質が薄くなることで、歯の先端が透けて見えます。

4.シミる
歯を保護しているエナメル質がすり減ったことで、

その下にある象牙質が露出し、知覚過敏の症状を引き起こします。

5.先端が丸みを帯びる
歯の先端は、最も酸蝕が起こりやすい部分です。

 

これらの代表的な症状が当てはまる方は

すぐに治療に行かれた方がいいかもしれません。

酸性度は「pH:ペーハー」によって示されます。
pH7が中和で、これより数値が小さければ酸性、

大きければアルカリ性と表わされます。
通常、口腔内はpH6.5~7で、弱酸性から中性に保たれています。
エナメル質の脱灰はpH5.4以下で起こるといわれています。

これらを起こす原因として先ほどお伝えした飲物や生活習慣が

関係しているのです。

食べ物や飲み物に含まれる酸は、歯のエナメル質を柔らかくする作用があり、

その時に先ほどお伝えしたように強い力で歯磨きをすることで

エナメル質が傷つくケースもあります。


そのため、以下のように好みの飲食物や生活習慣が

関係していることがあります。

・酸の強い食べ物を頻繁に摂取する
柑橘類、ワイン、炭酸飲料、酢を多く含んだ食品などを好んで食べている。

・お酒を飲んだまま寝てしまう
飲酒の後、歯磨きをせず寝てしまうと長時間にわたり酸が歯と接触する。

・唾液が少ない
洗い流すことができる唾液が少ないと、酸の濃度を下げられない。

・疾病などにより頻繁に嘔吐する
胃液はレモンと同等あるいはそれ以上の強酸性があり、

嘔吐により酸が歯に密着する。

  • 炭酸飲料を良く飲む
  • スポーツドリンクを水代わりに飲む
  • 野菜ジュースを朝食代わりにする
  • 梅干しや酢漬けが好き
  • 柑橘系が好き
  • マヨネーズ、ドレッシングなどをいっぱいかける
  • 健康のために黒酢を習慣的に飲む
  • クエン酸入りバウダーを水に溶かして習慣的に飲む
  • 美容健康のために液体、粉状、顆粒のサプリメントを習慣的に飲む
  • 洗口液でうがいをしてから寝る
  • ワイン、ビール、日本酒、焼酎などをほとんど毎日、特に寝る前に飲む
  • つわりや摂食障害などで嘔吐を繰り返す
  • 逆流性食道炎のある方、良く胸やけがする方
  • 夕食が遅くなる、夜食や夕食後にお酒や水以外の飲み物を飲む方
  • フルーツを食べた後、寝酒を飲んだ後、すぐにゴシゴシ歯ブラシをする方
他のも市販の歯磨きが強い酸性を示す製品、
寝る前に飲んでいたハーブティー、
煎じて飲む漢方薬にも強い酸性を示すものがあります。
 
睡眠中は唾液がほとんど出ないために、
寝る前に飲むことは歯にはとても良くありません

飲食物といった外因性のケースは、普段の飲食を見直すことで対策できます。

次のことに注意しましょう。

・飲食に時間をかけすぎない
・寝る前に酸性の飲食物を口にしない
・酸性の飲食物を口にした後は十分に口をすすぐ
・酸性の飲食物を口にしてすぐのブラッシングを避ける

口の中に酸性の飲食物が長く残ることで、リスクが上がります。

しかし、酸性の飲食物を口にした後はエナメル質が柔らかくなっているため、

すぐにブラッシングをしてはいけません。

1時間程度は間隔を空けることが大切です。

酸蝕症の予防には、正しいブラッシングが欠かせません。

ゴシゴシと強い力で磨くと、エナメル質を傷つけてしまいます。

歯ブラシの毛が少したわむ程度の力で磨きましょう。

ただし、力が弱すぎると歯の汚れを落とせないため、

適度な強さを心がけましょう。

 

時間自体はあまり関係なく、いくら長くても

舌で触った時にザラザラとする感触があれば

磨き残しがあるのでもう一度磨きましょう。

樹齢300年以上の木曽檜蒸留水から作られた
泡のたたない歯磨きジェル『王輝』


日本人は40歳以上の約8割が歯周病だと言われています!
歯周病が全身の病気と関係があることが近年明らかとなってきました。



時間をかけてやさしく丁寧に歯を磨く。
そのために『泡』は必要ありません!
食品同様、口に入れるものは安全でなくてはいけないのです。

『王輝』は小さいお子様からご年配の方まで、
ご家族で安心してお使い頂けます。



天然成分で効果的に口内浄化が出来る
歯磨きは日本初です!


《使用例》

◎毎日の歯磨きに
◎虫刺されに塗っても
◎ボディソープに数滴混ぜて
◎シャンプーに数滴混ぜて
◎汗の臭いが気になる所に


《主な特徴》
◎歯周病菌99.9%除菌(エビデンス取得)
◎木曽ヒノキ蒸留水約80%
◎天然由来成分約99%
◎ホワイトニング(PEG-60 水添ヒマシ油)
◎発泡剤・研磨剤・防腐剤等不使用



小さいので職場や旅行先などでも簡単に持ち歩けます。

今の時期にぴったりな虫刺されにも効果があるのも気になりますよね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください