固定種・在来種

在来種・固定種とF1種の違い - 民俗食について -

現在日本の農業では、作物の育て方に大きな違いがあります。

それは在来種・固定種と、F1種の違いです。

スーパーなどで売られている野菜などはほぼ100%F1種です。

皆さんの食生活に直接関係していることなので、知っておきたいと思います。

なるべく分かりやすく書きますので、よろしくお願いします。

在来種・固定種

まず、在来種や固定種(以下、在来種と記載)は、普通に昔から行われてきた、育種交配による品種です。
F1品種が出てくるまではすべての品種は、この交配方法によって、育種されてきました。

どのように作られてきたかというと、元々野生であったものを農耕用に、量が多くとれ、害がなく、しかも安定的に収穫できるものを選んで選抜してきたものです。

良い状態のものを選べば、次の世代でも良い状態のものが多くなる、という方式です。

一方F1種とは?

「F1」とは、聞きなれない言葉ですが、品種に関する用語で「雑種一代」を意味します。雑種一代とは、交配によって作られた新品種の一代目ということです。今日品種改良されてできた新品種のほとんどが、F1であるといわれます。

元々の在来種から出来た親種と、全く形質の違う別の親種を交配させると、親とは全く違うイイトコどりをした品種ができます。これがF1品種です。

 親のイイトコどりをしても、次の世代には、その形質は受け継がれないので、F1品種から出来た種を次に蒔いても、親のF1品種と同じ形質にはなりません。

これは種苗メーカーにとって非常に都合よく(F1種が売れるので)、また農家にとっても

手間なく安定した形質の作物が採れるために、人気となり近年広がってきました。

F1種に問題はないか?

F1種は、一代限りです。その一代目の個体に、意図したとおりの形質があればそれでOK。

その個体から二代目以降が生まれることは予想されていません。

実際に、F1種の個体から二代目はできにくく、またできても、親とは全く違った形姿や性質をもっているなど、同一品種とは言えなくなってしまいます。

F1はF1止まり、一代限りの存在なんです。

F1種は特殊で受け継げない

これに対して在来種は、品種としての性質が親から子、子から孫へと代々保たれています。

世代を越えて種として存続していくことができます。在来種が長い年月をかけて環境に適応しながら生き延びてきた証といえるでしょう。

一代限りのF1種は世代を越えて受け継げないので、正確には、品種と呼べないかもしれません。実際にスーパーなどで売っている野菜などは殆どF1種となります。

見分け方は?

F1種か在来種かを見分けるには、とりあえず袋に「交配」と書かれているかどうかで判断するしかありません。大雑把に言うと、昔からある品種は在来種、新しい品種はF1種と言えるかもしれません。

固定種・在来種とF1種のどちらを選ぶべきなのか?

F1種に問題がなければよいかもしれません。しかし本当にそうでしょうか?

F1種は遺伝子性の病気である

実はF1種の特徴は「雄性不稔」と呼ばれる性質を利用したものですが、これは遺伝子性の病気で、動物で言えば雄の無精子症に当たります。
病気とは言えこの性質を利用すると、面倒な交配作業が、簡単に異なった品種を掛け合せて、F1種を作れることが判りました。

 F1種には遺伝子組み換え作物と同じ問題点があるのです。

「F1」種の野菜は、見かけだけで、栄養価が低い

最近の野菜と1950年代の野菜のビタミンCやミネラル(鉄分)の栄養素を、ホウレン草を例にとって『日本食品標準成分表』で比較してみました。(最近のデータは『日本食品標準成分表2015』より引用)

ホウレン草100g当たり(葉、通年平均、生)
ビタミンCの含有量は、
1950年では、150mg
1982年には、65mg
2000年には、35mg
2015年には 19mg
また鉄分は、
1950年では、13.0mg
1982年では、3.7mg
2000年では、2.7mg
2015年では、0.9mg

ほぼ10分の1まで減少しています。しかも年々低下の割合が大きくなっています。
色々の野菜で、このような経年変化で栄養価の低下がみられます。

栄養価の低下の原因は、「農薬」と「化学肥料」と「F1種」が影響しあっていると思われます。

しかし、1950年当時のホウレン草は、ほぼ固定種と思われますので、「F1」種による影響が大いに考えられます。

「F1」種は、成長が早く成育期間も短く生産性に優れているのですが、
栄養素を光合成や根から吸収する期間も短いので、特にビタミンやミネラルなどの低下が予想されるからです。

まとめ

当社では在来種・固定種の野菜を有機農法によって育てた野菜を提供しています。

食の安全、栄養は経済効果だけでは確保できません。

実態を知って自分の体は自分で守っていきたいものと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください