アラビノキシラン

低分子米ぬか分子 アラビノキシランについて

-低分子米ぬか分子 アラビノキシラン-

NK細胞の活性化

NK細胞とは「ナチュラル・キラー細胞」のことで、癌細胞やウイルス感染細胞を見つけ次第攻撃するリンパ球のことです。

つまりNK細胞というのは、人の体を癌細胞やウイルス感染細胞から守る、非常に重要な役割を担う免疫細胞なのです。

低分子米ぬかアラビノキシランは、その免疫細胞であるNK細胞を活性化させる働きがあります。

副作用の軽減

抗癌剤は癌細胞の発育を抑えるためのものですが、同時に正常な細胞にもダメージを与えるものです。

その正常な細胞にダメージを与えた場合に起きるのが副作用になります。

脱毛をはじめ、食欲不振や吐き気、嘔吐などは抗癌剤治療の代表的な副作用であり、とても辛いものです。

しかし、低分子米ぬかアラビノキシランには、これらの副作用を軽減する働きがあります。

癌になっても生活の質を上げてゆこう

病気になってもできるだけ普段どおりの生活を続けたいものです。

生活の質というときQOLという事が言われます。

QQLとは「Quality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)」の略称で、生活の質などと訳されている概念になります。

癌を発症し抗癌剤治療を行うと、上記のような副作用の影響が体はもちろん、精神面にも影響を及ぼします。

生活面で、精神的な負担が大きくなってしまうと、病気の治りにも少なからず影響がでることは否めません。

低分子米ぬかアラビノキシランは副作用の軽減が可能となりますので、体の負担だけでなく精神的な負担も軽減することができます。

要するに低分子米ぬかアラビノキシランには、QOLの向上が期待できるのです。

以上が、低分子米ぬかアラビノキシランの効果になります。

アラビノキシランを手に入れる

このような素晴らしいアラビノキシランをどのようにしたら手に入るのでしょうか?

開発者の前田先生の会社「オリジン研究所」から「スーパーオリマックス」という名称で

商品化されています。

近々もっと身近な食品に取り入れた形で発表されるようです。

ご期待下さい!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください