お粥の話

おいしいおかゆの作り方

何かと忙しい毎日。なかなか自分の体を休ませてあげられないものです。

そんな日が続いたら、おかゆでほっこり。

体をあたためて、ぐっすり眠れば、心も体もリラックスします。

そんなおいしいお粥の作り方をまとめてみました。

お粥を作る二つの方法

二つの方法があります

 1 米から作る

水につける時間   30分

炒める時間      2分

煮る時間      15分

材料 米 ごま油 黒粉(あれば) 水

作り方

米をごま油で炒めてから、水を加えて煮ていきます。
米が油でコーティングされるので、煮立てたり、混ぜすぎたりしても
粘りが出ません。

油で炒めることで、香ばしさとコクが出るので、とておいしいです。

水の量は 米1/2カップに水4カップという割合を基本にしています。

水は多目にしておくほうが失敗がありません。

火加減はなべを火にかけたら、まず強火で沸騰させ、その後中火で煮込みます。

とろ火で長時間煮込むという方もおられますが、

ごま油で炒めて、水を沸騰させた後は、中火で15分ぐつぐつと煮てしまいましょう。

煮ている間はなべにフタをして、少しずらしてから熱の逃げ道を作っておけば、
吹き零れる心配もありません。

あれば米を焼いた黒粉を混ぜておくと香ばしくおいしく頂けます。

 2 ごはんから作る

ごはんからおかゆを作るときは、昆布や煮干の出しや、鳥のスープなどで煮ると、ごはんに
味がしみて大変美味しく頂けます。

セロリ、まいたけなど出しの出る食材を使えば、水で煮ても大丈夫です。

作り方

水は米1/2カップに水(又はだし)3カップの割合で

火加減は 米から炊く場合と同じで中火で20分しっかり煮込みます。

そのほか炊飯器でもおかゆモードの付いているもので炊けば簡単です。

規定より水を多めに入れたほうが失敗がありません。

お粥の鍋は何が良い?

土鍋

お粥を炊くときに使う鍋はやっぱり土鍋が一番!
日のあたりがやわらかく、熱をよく蓄える土鍋は、お粥にもっとも適した鍋です。

厚手の鍋

ホーロー鍋やステンレスなどの厚手の鍋はお粥に向いています。

土鍋よりさらっとしたお粥に仕上がります。

圧力鍋

メーカーによって調理時間は少し変わり案酢が、5-15分加圧し、15-30分自然放置すれば、おいしいお粥が簡単にできます。調理時間を短くすれば、さらっとしたお粥になり、
長くすれば、ねっとりした仕上がりになります。

炊飯器

おかゆ機能のある炊飯器の良いところは焦げ付かないことです。

美味しさという点では、土鍋にかないませんが吹きこぼれの心配も無く30分くらいで出来上がります。ほとんどのタイプが玄米や雑穀にも対応しているので便利です。

目的別おかゆ

では、目的によってどんなお粥が良いかいくつかご紹介しましょう。

疲れた体を癒すお粥

しょうがとねぎのお粥が簡単でおすすめです。

しょうがの絡み成分とネギの香り成分が、どちらも決行を促進し、体をあたためてくれます。

基本材料+ しょうが(みじん切り)   大さじ1
ねぎ(みじん切り)     大さじ2

元気な体を作るお粥

じゃがいものお粥

じゃがいもに含まれるビタミンCが加熱しても損失が少ないのが特徴で、胃や腸の粘膜を強くしてくれます>またカリウムも豊富なので、塩分方になりがちな体内バランスを整えてくれます。

じゃがいも   1個
たまねぎ    1/4個
ごはん     茶碗1/2
だし汁     3カップ
塩       適量

キレイになるお粥

青菜のお粥
青菜たっぷりのおかゆはカロチンやビタミンC,葉緑素などがしっかりと補給できます。

青菜(春菊・ほうれん草など)   100g
ごはん              茶碗1/2
出し汁              3カップ
塩                適量

免疫力をあげるお粥

豆乳とごまのお粥(ごはんから作る)

豆乳とごはんを一緒に煮て作るので、大豆のパワーをしっかり吸収できる、ヘルシーなお粥です。大豆は血中のコレステロールを減らし、血管を強化する働きがあります。

ご飯   茶碗1/2
豆乳   3カップ
水    1/2カップ
ねりごま 大さじ1/2
塩     少々

まとめ

これから寒くなってゆきますが、あったかーいお粥を食べて健康にお暮らしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください