未分類

歯周病と食事の関係を考える

現代人は軽症のものを含めると、日本人の成人約80%の方が歯周病だといわれています。
歯周病は実はと全身疾患が深く関係しているのですね。

歯周病予防を心掛ける事は、生活習慣病を防ぐ事にもなります。最近では栄養指導をする歯科医も増えてきていますよ。

歯周病の原因

歯周病の直接的原因は歯垢(プラーク)です。 歯垢は細菌の塊で、酸素の少ない場所を好み、歯と歯茎のすき間に潜んでいます。 この歯垢の中の細菌が出す毒素により、歯茎に炎症が起きてしまうのです。

現代の食生活は軟らかい加工品を食べる機会が多く、歯にこびりつきやすい加工食品は歯垢を増やす原因になります。

歯周病対策は?

歯周病対策には繊維質の多い食品を摂ることを心掛けましょう。
セルロースなどの食物繊維がたっぷり含まれている食品である野菜やキノコ類などは、残渣が残りにくく、噛んでいる時に歯の表面をかき取る作用がありますので積極的に食べましょう。 また、よく噛んで食べる事も大切ですね。

良く噛むとこんなに良い

良く噛むこと(一口30回以上)で得られるメリットは次のようなものがあります。

※認知症を予防する
脳の働きを活性化。

※肥満を予防する
満腹中枢を刺激する事で、食べ過ぎ防止になります。

※虫歯・歯周病予防
唾液分泌量が増えます。
唾液には口内細菌を洗い流し、炎症を起こしにくくする成分(免疫グ
ロブリン)が含まれています。

※消化吸収を助ける 胃腸の負担を減らし栄養の吸収を
助ける。

※顎・骨・筋肉の成長や発達 顔のたるみを予防し、表情が豊か
に。
歯周組織はコラーゲンで出来ているため、コラーゲン生成に必須であるタンパク質、ビタミンC、鉄を積極的に摂取することで、歯茎や骨の健康が維持されます。

最近増えているドライマウス。

唾液の分泌量が低下すると、口臭や歯周病のリスクが高まります。
亜鉛やマグネシウム、抗酸化食品を摂取することで改善が期待できます。 免疫力を高めるといわれている「オメガ3脂肪酸」は青魚、アマニ油、エゴマ油に多く含まれています。炎症を抑え、血液をサラサラにする効果が期待できますが、歯周病もオメガ3系の油が不足していて起こるともいわれています。

加工食品をとり過ぎないようにする

インスタント食品、スナック菓子、清涼飲料水等にはリン酸塩が多く含まれています。リン酸塩は一定量を越えるとカルシウムと結合して体外に排出されます。
加工食品を頻繁にとるとカルシウム不足を起こしやすくなりますので、出来るだけ避ける事が予防につながります。 また、毎日の生活習慣で気をつける事は、タバコを吸わない・睡眠を十分とる・ストレスをためない等です。

歯の健康のために

口内環境を整えるためには、歯磨剤選びも大変重要になります。口内は皮膚バリアが効かない無防備な部位ですので、歯磨剤に含まれている微量な有害化学物質も吸収してしまいます。

毎日の食習慣と生活習慣を見直し、一生自分の歯で食事を楽しめるよう口内環境を整えましょう。

弊社では、歯周病予防のために歯磨きと歯ブラシを取り扱っています。

王輝 発泡剤・研磨剤・防腐剤不使用

天然由来成分99% 木曽ヒノキ蒸留水約80%使用

ジンジバリス菌(歯周病菌)99,9%除菌

ミュータンス菌(虫歯菌)99,9%除菌

LINE@の登録よろしくお願いします! お役に立つお得な情報をお届けしますので、このリンクから友だち追加してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください