水のお話

災害時に備えて水を確保する

災害は遠い話ではなく、他人事でもありません。

最近の地震、台風などの災害は年々その驚異を増しているように思われます。

そんな災害時に一番必要なのは何と言っても、水です。

そんな大切な水を備蓄して万が一に備えることは、生き残ることでもあります。

  • 備蓄に必要な水は、1日、1人あたり3L
  • 7日分の備えが必要
  • 4人家族だと3x4x7=84リットル必要です
  • ダンボール1箱が12リットルなのでで1日分になります

一週間ですと、ダンボール7箱分必要です。
※ダンボール1箱は、2L×6本でも、500ml×24本でも合計容量は同じです。

水道が復旧するまでに時間がかかる場合もあります。

東日本大震災では
電気は1週間
水道は3週間
ガスは5週間
でライフラインが復旧しました。

3週間水を確保するのが問題となります。三週間分の水はダンボール21個分となります。

汚れた水を簡単に浄化できれば助かりますね。

浄水器があれば簡単ですが、大きかったり、重かったりしたら不便です。

軽くて小さく携帯できる浄水器を取り扱っていますで、ご紹介します。

災害用携帯浄水器

サイズが24x16x9cmというコンパクトサイズで

容量が1リットル

交換なしで400リットルの原水を浄化できます。

 

 

こんな汚い川の水でも、浄化して美味しい水が飲めます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください