振動水,  水のお話

水の化学的性質 振動水とは?

水の化学的性質 振動水

水には他の液体にない化学的特性があります。

難しそうですが水の大切さの理解につながるので

少し聞いてみてください。

水の性質には次のようなものがあります。

比熱が大きい

比熱(気化熱)は,主要な物質中で最大級の高い値をとります。

汗による体温調節が出来るのもこの、水の性質によるものなんです。

表面張力が大きい

写真のように、コップに水をあふれそうになるまで注ぐと、水が山のように盛り上がる

現象が見られます。

水には「水素結合」という力によって水分子同士引き合う性質があります。

これが表面張力です。

表面張力が大きい結果何が起こるかというと、水素結合の力でクラスターという分子の集合(塊)を作り出します。

(wikipedia「水素結合」の頁より)

クラスターが出来ている様子はこの動画をご覧ください。

英語の動画ですが見るだけでお分かりになると思います。

表面張力が大きいと結合する力が大きいわけですから、大きなクラスターを作るわけです。

これは後に述べる浸透力に関係してきます。→ 水の浸透力

電気を通す

+イオン、-イオンを良く通し化学反応が進みやすくする

電気分解実験についてはこちらの記事をごらんください。

磁力に反応する

この動画をご覧ください。

 水が磁力に反応するのをご存知でしたか?

強力な磁石を近づけると水が反発して逃れるように動く現象は,旧約聖書の逸話にちなみ「モーゼ効果」と呼ばれているそうです。

つまり磁力パワーなどに近い水はそれだけで振動しているのです。

民俗水 Ⓡに超振動を加えられる理由がこの磁力に反応することにあります。

何でもよく解かす

 水ほど多くの物質を溶かすことのできる液体(溶媒)は他になく,特に無機化合物をイオンに分解して溶かす力は抜群です。

水があるので私達の体の中で生体反応が行われるのです。

水の浸透力

クラスター(分子の集合)が大きいままだと水は大きな塊となり浸透力が小さくなります。

クラスターが小さくなると、表面張力が下がります。

その結果、水の表面張力が下がることで水の浸透性が上がります。

例えば洗剤などの界面活性剤も水の表面張力を下げるので、浸透しやすくなるのです。

もし、何らかの力でクラスターを小さく出来たら水の浸透性をあげることが出来ます。

化粧品の乗りなどもぜんぜん変わってくるでしょう。

そんな方法が超振動なのです!

超音波の力で水素結合を切断し、超振動を加えてクラスターを小さくできるのです。

このような性質を持ち安全な水が民俗水 Ⓡなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください